スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新学期

「…ナギたん、今日から二学期だよ…」
「死ね」

Title__秋休み希望_
新学期、新年度の場合は新しいクラスだの新しい担任の先生だの、楽しみはあるのだが、新学期への楽しみの少なさは異常である。
しかも二学期という物は長い夏休みの後にある上に、すぐ運動会だの合唱コンクールだのと、嫌になる。
それでも大半の学生は嫌々ながらも、新学期、学校に行くのが普通なのだが…、、、


「やーだー!今日は休むのだぁー!」
「だーんもぉ!無理して今の学校に通ってるんだから!!初日から休んでどうするのさ!!」
「じゃあ帰る!!いますぐ東京に帰る!!せーや連れていますぐ帰る!!」
「むちゃくちゃ言うな!」

中には断固として、登校拒否する者もいる。

「ふーんだ、じゃ、せーや置いて東京に帰る。あたナギ終了」
「いきなり最終回にしないで、そんなに学校行きたくないの?」
「うん、行きたくない」
ベットから一歩も出る気配のないナギ。毎度のことながら嫌になる。
「…そんな風に毎回同じ態度だと話作る方も大変なんだけど」
「…そんな話されても困るのだが…」
…実際、この展開ももう何度も経験している。
ある時はエサで釣ったり、またある時は脅してみたり、またある時は最初から諦めてたり…。
「…はぁ…いいよ、もう勝手にすれば」
「言われなくてもそうする」
そういうと征菜は自分の鞄をとり、学校に行く身支度を始め…
「え、マジで行くのか?」
「当たり前じゃん、ナギたんはそこで寝てれば」
「……ふんっ…」
「・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・。」
…さて、準備も出来たし行こうかな~。
「…待つのだ…私も行く」
「言うと思った」

なんだかんだでこれが1番効果的。


「…あ!おっはよー征菜ちゃーん!お久しぶりぃっ☆」
「先週会ったと思う…」
「私的には3日で久しぶりなのよ!!ついでに久しぶりにぎゅーってしてあげるわぁ↑↑」
朝から彩のナギたんの30倍…いや、0に何をかけても0か…その豊富な胸が、始めて会った時のように…、
「やめるのじゃ」
「いったぁあいっ!!」
…は、ならず、妹の斬矢が後ろからその豊富な胸を両手でおもいっきり掴んだ。痛いのか
「なにすんのよ!!」
「いや、掴みやすそうだったから」
「自分のでも掴んでなさいよ!!」
果たしてそのツッコミは正しいのか、男であるあたいには分からない…。
「姐ごよ、世の中には自分のを掴みたくても掴めない人が居るのじゃ、言葉は選んだ方がいいぞ。うちは大丈夫じゃが…」ちらっ
「あー、なるほど、うん、なんかごめん、全世界の貧乳に誤っておくわ…」ちらっ
さっきから目線が合わない斬矢と彩、とりあえずあたいも同じところを見ておく
「なんでこっちを見て話すのだ!」
「いや、別に、誰もねぇ…」
「ナギの胸なんて見てないのじゃ」
…ふむ、横から見てよく分かった。
「…ナギたんっの胸って「なんか言ったら殺すぞ」…なんでも、ないです」
いままで見てきた上目遣いの中でも最高に恐ろしい上目遣いだった。

ちなみに

「…朝から何を廊下で馬鹿な話してんだよ」
「あ、りーな、おはよー」
「ん、おはよ」
夏が明けても相変わらず男みたいな態度のりーな…そういえば
「・・・・・・・・。」
「…な、なんだよ、何みんなして見てんだよ…」
…りーなの胸はある方…(本人談)



それからしばらくの間、夏休みが明けても、全員全く変わってなく、いつものように馬鹿な日が続いていた。
世の中というものは、何事もないのが1番いい、だらだらと過ごすだけ、それでいいのだ…が、

「えーと、来週の土曜日は毎年恒例の運動会なわけですがー」
『う"っ…』

先生の一言で、三年目にしてやっと気付いた、
あたナギメンバー、全員運動音痴な気がする。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


次回、運動会
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント



TweetsWind


プロフィール

セーナ

Author:セーナ
妄想日記書いたりオリキャラのイラスト描いたりしてる。




最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。