スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸々一ヶ月間忘れてた

そういや20日ってあたいの誕生日だった。
え?いや、

11月20日じゃないよ?


〜〜〜忘れてたわ、しかしやり直そうとは思わない〜〜〜
時は10月20日

征菜「iPod touch買ったよー!」

少女…失敬。少年は浮かれていた。

ナギ「へぇー、とりあえずそっちばっかりで私の事忘れんなよ」

案の定、忘れた。


で、11月20日

征菜「20日…?……ああ!」

思い出した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

征菜「というわけで先月の20日はあたいの誕生日でしたー」
ナギ「え、遅いよ」
彩「ていうか誕生日とか始めて聞いたわ」
征菜「んじゃ今日が10月18日の設定で」
「「やだよ」」
Σ(゚д゚lll)
征菜「あんたら…あたいのことが好きなんじゃなかったの…」
彩「最近流行りのツンデレです」
ナギ「そうそう」
征菜「嘘付け!」
彩「あらら、私らはせーやちゃんのこと大好きよ」
ナギ「うんうん」
征菜「いざって時はね、日常生活だと友達以下じゃん!!」
ナギ「ツンデレですから」
征菜「その反応やめて!!」
彩「デレのないツンデレもいるわよ」
征菜「あんたらだって似たようなもんだろ!!」
ナギ「お前がモテないからだ。これも妄想だし」
征菜「ああ!いろいろ含めて全部否定した!!」
彩「ギャグのセンスも微妙よね」
征菜「どうせ発言しただけでシラけられる人間ですよ!!」
ナギ「正直お前に本気でときめいた事ない」
征菜「何それキモいとか言われるから控えてるんだよ!!」
彩「おんなじ台詞もイケメンかどうかでウザいかカッコいいか変わるよね」
征菜「2chのショタコンにしか受けない男の娘キャラですからね!!」
ナギ「あとひよこ」
征菜「ひよこって何!?愛嬌かなんか!?」
彩「そうそうひよこ、ひよこが無いの」
征菜「だからひよこって何!?」
ナギ「やっぱせーやって残念だよな」
征菜「残念!?何が残念なの!?」
彩「センスがないわ」
征菜「酷い!!」
ナギ「もっと世間と関われ!」
征菜「関わってるよ!!」
彩「…やっぱりひよこか」
征菜「だぁぁあああ
かぁぁああああらぁぁああああ!!!」

彩「そうよセンスがないのよ」
征菜「ひよこ?」
彩「それはもういいわ。あんた学校でも妄想しかしないでしょ」
征菜「うん」
彩「その無言で妄想している時間に!友達とかに話かければなんかいい事あるかもよ!」
征菜「はぁ、ていうかいつからあたいの恋愛相談になったの?」
ナギ「いいから返事しろ」
征菜「……。 まあ、休み時間とかはそれなりに喋ったりしてるけど」
彩「誰と?」
征菜「友達と」
彩「どんな?」
征菜「どんなって…。オタク仲間?」
ナギ「はい駄目ぇ~」
Σ(゚д゚lll)早っ!
彩「そこでクラスの女子とかと喋らないと」
征菜「えぇ~…。どんな風に?」
ナギ「ひゃっほー!明日映画見に行こうぜぇ!…みたいな」
征菜「それ絶対あたいじゃないよね!」
彩「それじゃあちょっとシュミレーションしてみましょう」
征菜「え」
彩「ナギがクラスの女の子役ね」
ナギ「わかった」
征菜「わかるな!」
彩「それじゃあ試しにいつものせーやちゃんから、はい!」

征菜「……」←読書中
女子「ねぇねぇ、何読んでるの?」
征菜「灼眼のシャナ」ぼそっ
女子「なに?エロいやつ?」
征菜「ううん、戦闘もの」※ウソじゃない
女子「ふーん…」
END

彩「はい駄目」
征菜「いや、いつも通りやったつもりだが」
彩「なに、素でそうなの?」
征菜「学校では、友人とかとだとガラッと変わるが」
ナギ「それじゃあ新しい出会いはないな」
征菜「いや、別に望んでないけど…」
彩「むむ、これじゃあだめねぇ…」
征菜「じゃあどうしろと…」
彩「ナギに聞かれた時のテンションで」
征菜「はぁ」
ナギ「じゃ、もう一回私女の子役ね」
征菜「役いらなくね」

征菜「……」←読書中
女子「ねぇねぇ、何読んでるの?」
征菜「ん~?灼眼のシャナっていう本」
女子「なに?なんかエロいやつ?」
征菜「ちょ、そんなあたいがそんなん読むわけないやろw」
女子「え、だってお前そういう本いっぱい持っとりそうやし」
征菜「あのね~、ほら、一巻貸してあげるから読んでみたら?」
女子「えー、いいよ別にぃ」
征菜「ん~?そう?んじゃ読みたかったら言ってね」
女子「ん」
END

彩「…76点」
征菜「超微妙だな」
彩「最後の所はもっと強目に進めないと」
征菜「そう?」
彩「それで相手もハマれば次の巻貸してーってなるでしょうが」
征菜「なるほど~」
彩「いっそそこで激エロ同人誌渡すか」
征菜「やだよ!!」
彩「男子生徒いっぱい釣れるのに」
征菜「釣りたくないよ!」
ナギ「でもさっきのは最初よりはいいんじゃね?」
彩「まあね、問題はその妄想癖か…」
征菜「いや、あたいの妄想癖あってのあんたらだから」
ナギ「むぅ、だったらせめて私たちをときめかせるくらいになってくれよ」
征菜「うん、それ本末転倒」
彩「じゃあ妄想なら妄想らしく自己満足してな」
征菜「なんか凄くウザい」
ナギ「…しかしこのままなんのオチも無くラブシーンも無く終わるのか」
征菜「えぇ~…」
彩「なにかもせーやちゃんがモテないせい」
征菜「なんでだよ!」
ナギ「それじゃここはこのオチだろ」
征菜「ん?なんかあった?」
ナギ「うむ…」


ナギ「やっぱりせーやにはひよこが足りん!!」
征菜「だからひよこってなんだぁぁああああああああああああ!!!!!!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最悪のオチだった。


何がしたかったのだあたいは…
とにかく次回はナギたんをときめかせる話の予定。
予定は未定。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント



TweetsWind


プロフィール

セーナ

Author:セーナ
妄想日記書いたりオリキャラのイラスト描いたりしてる。




最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。