スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想記事ねぇ…

征菜「続きを考えてなかった」
ナギ「どこまで馬鹿なんだ…」

〜〜〜なんなのお前ら…by 彩〜〜〜
____前回までのあらすじ
彩の妹がやって来たのだ。


征菜「だーかーらー!違うつーの!」
それから斬矢の誤解(ほとんどあってるが)を解くのが大変だった。
斬矢「むむ、姐ごをそそのかした上にこんどは誤魔化す気か」
征菜「ちがぁーーう!」
彩「まったく、いい加減にしなさい」
斬矢「むぅ、姐ごがイイならイイが…」
なんなんだこいつ、シスコンか?
斬矢「それじゃぁ…お前はそこのヤツと出来ているという解釈でいいな」
征菜「あ?そこのヤツ…?」
おいおい、ナギたんはそっちだぞ…?
斬矢の指差す方向は…
R「…は?」
征菜「ちょ、違っ!」
ナギ「お、お前、何時の間に…!?」
征菜「ナギたん!?」
R「そぉーい!」
征菜「ぐはっ
う、なんか横蹴り喰らった…ああ、まだ睨んでくる…
R「たくっ、お前のせいでまた余計な誤解たったにかよ…」
コワイコワイコワイコワイ!!
例えるなら生徒会◯一存シリーズの椎◯深夏くらい!!
りーなはクルっと振り向いて宣言した
R「なーん、こいつはなんつーか、妹みたいな扱いやから」
妹…え、男ですけど…。
斬矢「なぬ、ハズレか…」
彩「何言ってんだか…、認めたくないけど。せーやちゃんの彼女はこっち」
ナギ「ああ、なんかここ数話出番少ないが…」
斬矢「な、なんだってぇー!」
ああ、やっとナギたんのネタに…
斬矢「ナギ、お前こんなのがタイプだったのか」
ひでぇ
ナギ「あのなぁー、まあ、たしかにこんなんだけど」ちら
征菜「なんか一種こっちみたよね、どういう意味かな?」
ナギ「うぐ、べ、別にぃ」
征菜「…はぁ、とりあえず斬矢さんは一年生の方に戻ってもらえる?」
斬矢「む、うちが居ては邪魔か…」
征菜「うん」
斬矢「っ! 姐ごと遊ぶ気だな!」
征菜「うん、黙れば?」

で、放課後

征菜「さあ帰ろう」
ナギ「帰ろ帰ろ」
彩「部活は?」
ナギ「嫌な予感しかしない…」
征菜「美術部だからあってなき部活だ、何時もならこの後行くが今日は嫌だ」
彩「ふーん、じゃあ私だけ行くわ」
征菜「…お前何部?」
彩「美術部」
征菜「は!?」
彩「最初に突っ込んで来ただろ?」
征菜「…ああ、そうでしたね」
ナギ「さあ帰ろう」
あんたも家好きだねぇ。
彩「え、行かないの?」
征菜「むぅ、面倒」
彩「行こうよー、なんかあった私がなんとかするお」
征菜「……え~……」

んで

斬矢「というわけで転校してきた斬矢じゃ、よろしく」

…嫌だこの生活。


案の定、美術部にやって来た斬矢だったが。絵の腕は意外と凄かったです、はい。


征菜(そういやあたい部活で最後に絵ぇ描いたのいつだろう)
とりあえず斬矢の方はかなりおとなしいから真向かいりーなと喋る。
征菜「むぅ~」
R「どうした?」
征菜「ここだけの話、リアルタイムでも部活中駄弁ってるわけだが」
R「うん」
征菜「だったら妄想日記ちゃうやん!」
R「いまさら!?」
征菜「ていうかお前との会話ってほとんど現実通りだし」
R「そうだったのか」
征菜「うむ、この会話は創作だが…」
R「……」
征菜「この前りーなが『りーなって結構胸あるんやよ』とかはじz「言うなぁああ!!」
…着痩せするタイプなのかなぁ~…
あ、ちなみにりーなって名前はあだ名ね、これ重要。
さて、頭がバァーーっ!になって机に突っ伏してるりーなはさて置き。
左隣で寝てるナギたん。
……寝顔可愛いなぁ…
やっぱり斬矢無理矢理出すよりナギたん達と戯れる話ばっかりが1番楽しいわー。
あ、糸文姉妹の話は今回もうする気ないから。
彩の妹が来ましたー、はい終わり。
ナギ「zzz…」
征菜「……」
机で寝てるから脇腹ぱっかー。
……。
征菜「寝取りはあまり好きではないが…ふ」
こう、一気にくすぐる!
征菜「にゃー♡」
ナギ「ふぉぉ♡!!」
征菜「にゃー、ナギたーん!」
ナギ「ちょ、くすぐったい、ふにゃ!」
わー、わー、
ああ、このまま時が止まってしまえー
ナギ「てい!」
征菜「痛い!」
叩かれた、寝起きでご機嫌斜めなのか…。
ナギ「ふん…zzz」
また寝たよこの人。部活をなんだと思っているのだ(お前もな
征菜「…お」
りーながまだ立ち直ってないようだ。
机に突っ伏したまま。
…よし!
征菜「………」
なるべく音を立てないで…うし!
征菜「こちょこちょこちょ!」
R「ふにゃあ!////」
うはっ、珍しく可愛い声。
いつもドスの聞いた怖い声しか出さんからな。
征菜「そーれそーれ♩」
ドスッ
なんか鈍い音がした…
征菜「うがぁぁぁ………」
お腹が痛い。凄い痛い。
R「ふんっ」
うぐ、ここで辞めてたまるか!
征菜「にゃー!!」
R「うおっ!?」
きゃー、りーなー
ちょ、やめ、ん♡、本気で怒るぞ、ふぁ♡
ああ!なんかいいこれ!ひゃっほー!
うぐ、攻撃出来なんあ♡、いい加減に…
そぉーい!
うわぁ!
そのままでーんと押し倒そうと…
ナギ「おい!」
征菜「ひっ!」
R「だぁ!」
征菜「ぐはっ!」
連携プレーでした……



帰宅路

征菜「痛い」
R「知らん」
ナギ「死ねば?」
彩「全部見てました」
斬矢「刀貸そうか?」
駄目だこいつら。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


そういや上の波線、化けてるらしいね、確認してないけど。

えー次回からはですね。
征菜、ナギ、りーな、彩、斬矢、
以上のメンバーでやって行きます。
まあ、りーなは脱落候補だったりなかったり…
ハヤテ君とかマリアさんも出したいところだがなんつーかもう、
ハヤテのごとく!の二次創作でなく、
ハヤテのごとく!のナギというキャラを借りた私小説みたいな状態だし。
まあ、どうせすぐいつものナギたんとあたいだけの記事になるだろうけど。


とにかく続くのら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント



TweetsWind


プロフィール

セーナ

Author:セーナ
妄想日記書いたりオリキャラのイラスト描いたりしてる。




最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。