スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

というわけで

征菜「というわけでキャラ画像描いた」
ナギ「なんなのお前」


〜〜〜ちょっと無理矢理過ぎた〜〜〜
彩「いまでも眼帯付けてんのか?」
「ああ」
さっきからどこからともなく女の子の声が聞こえる。
こう、おとなしい感じの…
征菜「眼帯!?隻眼キャラなの!?」
ナギ「ていうか本当にどこにいるのだ、だいたいこれ前回の話のどこスタート?」
R「さー?」
彩「さて、いい加減出て来なさいよ!」
「はは、正直いつ出ればいいのかわかんなくなっていたのじゃ」
じゃって…何者なんだ…
で、やっと出て来たのだ。

ナギ「お!お前は!」
征菜「え!?知り合い!?」
右目眼帯短かめの茶髪。
キッと釣った目、ナギたんと同じか少し小さいくらいの身長。
でーんと仁王立ちで登場した少女は、第一声からアホみたいにデカイ声で告げた。

「うちは貴様を倒しにきたのじゃぁ!」

その指差す先は…最初はナギたんだと思ったね。
だってナギたん、お前は!?とか言ってたし。
でもね、やっぱり王道だわ、うん。

なんかこっち(あたい)指差してる。

彩「というわけで妹の」
斬矢「糸文斬矢(きりや)じゃ」

…えーと、急展開過ぎるよ。

ナギ「お前だったとは…」
斬矢「うん、うちもびっくり」
彩「え、知り合い?」

征菜「……」
R「……」

全然ついていけない。



糸文斬矢↓


クリックで拡大。


その後

征菜「で、君は彩の妹と」
斬矢「そうじゃ」
彩「似てるでしょ」
征菜「……」

彩の特徴⇒デカイ胸
この子⇒ぺたーん

征菜「…そうかな?」
R「お前いまどこ見て言った?」
征菜「うぐ、…で、ナギたんとの関係」
ナギ「昔からの友だちだ」
征菜「え」
斬矢「糸文家も三千院家も両方元は財閥じゃ」
征菜「ナギたんに友だちだと…?」
ナギ「おい」
R「で、姉を追っかけてきたと」
斬矢「いや違う」
征菜「え?」
斬矢「さっきも言ったが…」
すると後ろの方に手を回して…
征菜「日本刀!?」
斬矢「お前を切りにきた!」
征菜「!?」
彩「あら、また」
ナギ「いい加減その刀辞めろよ」
R(かっけぇ…)
彩「その子キレると日本刀とかカマとか薙刀とか出すから」
ナギ「そうそう」
征菜「はあ!?ていうかあたいなんかした!?」
斬矢「くっ、姐ごも姐ごじゃ!よりによってこのような男に…」
征菜「ふぇえ!?」
彩「あらら、こんどは何かしら?」
斬矢「姐ごはうちらより貴様を優先してここに転校して云った、貴様の為だけに!それが許せぬのじゃ!」
征菜「えぇ!?」
やっとわかった。
こいつの目的は姉が急に男の為だけに引越したことが許せない、
だからその男をこの世から消す。そしてその男があたい!
………死んだな、日本刀持ってるし。
斬矢「覚悟ぉおおおおおお!!!」
征菜「にゃぁああああああああああああ!!!」
ナギ「やめんか」どす
斬矢「ひぎい」
横から思いっきり蹴られてからんからんと鈍い音がして日本刀が床に落ちる。
ナギ「あれはキレたフリだ」
征菜「フリ?」
ナギ「ああ、あいつのおはこでキレたフリして人を手玉に取る、あいつの得意技だ」
ああ、さっきの後輩もそれか…
斬矢「…ひっく、姐ごぉ、痛いのじゃぁ~…」
征菜「うお!?泣いた!?」
彩「全く、お前はいつもこうだな」
征菜「…アレもフリ?」
ナギ「いや、本気で打たれ弱いんだ」
斬矢「ひっく…うう…」
征菜「…」
R「…ねぇ君?」
征菜「むう?」
R「さっきの刀、見ていいかな?」
斬矢「…いいよ」
R「ありがと、へぇー、斬れ味良さそうだ」
斬矢「へへ、ありがとう」
R「そうだこんどさぁ…」
なんか仲良くなってる、重火器関係で。
…どうしたものか…




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

眠い、続く。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント



TweetsWind


プロフィール

セーナ

Author:セーナ
妄想日記書いたりオリキャラのイラスト描いたりしてる。




最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。