スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リア充乙

別にさぁ、人の嫁がどうこう言わないが…
ロリショタ男の娘×ロリツンデレって、最強のカップルやん。

…はい、調子乗ってました。


でもよぉ、例えばさぁー、
あくまでか空の話だぞ。

小太りの長身でまんまる顏の銀縁眼鏡かけた男が居たとしよう。
その隣には小柄で無言で佇む少女が居たとしよう。
銀縁眼鏡の男はむはむは言っていました。

そのまた隣では、
小柄で痩せ気味の女の子っぽい男の子が居ました。
その隣には、もう少し小さ目の照れ気味の女の子が居ました。
男の子は女の子に仕切りに話かけ女の子は照れ臭そうに反応しています…。


うむ、後者は客観的にも微笑ましいかもしれない、
なかには「リア充氏ねリア充氏ねリア充氏ね」と暗唱する者の居るかもしれん。
前者はどうだろう。
ポリスメンが来て職質されるのが関の山である。

例えはまだ続く。


あるところに、
スポーツは苦手なものの、学級長になり成績もTOPクラスの青年が居ました。
青年は痩せ気味でそこそこ普通の身長で眼鏡をかけていた。
その青年と共に新聞部に所属する一つ二つ上の女の人が居ました。
2人は仲良く情報交換をしていたそうな。

ある所に、
面白い冗談をよく言う長身の青年が居ました。
青年は人受けがよく友達も沢山居ました。
そのとなり、おっとりした雰囲気の和服を着た十代後半の女の人が居ました。
その人は青年の言う話を時々頷きながら楽しそうに聴いて居ました。


前者は幼馴染の従兄弟のような雰囲気だ、なかの良さそうなのな。
後者はまさにずっと居てもお互い飽きないような関係だ。


さあここまででどう思う。


あれだ、三番目のペアの青年が女の人の手を握ったとしよう、
女の人は恥ずかしいのか生徒会に用事があると、かけて行きました。
一番目の男が少女になぁなぁっと、話かけました。
少女は「何?」と、安直に返答しました…男はふっ、と笑うだけで反応はありませんでした。
少女は顔には出さないものの「?」という雰囲気でした。

言いたいとこは以上だ。
あとは君たちの感想に任せるよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント



TweetsWind


プロフィール

セーナ

Author:セーナ
妄想日記書いたりオリキャラのイラスト描いたりしてる。




最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。