スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアルで使える、一応、弱いけど。

リアルで使える、
その話はいつかしよう。


ーあらすじー
前の読め


S「くっ」
一気に遠ざかる、
圧倒的戦力を前に。
~~霊能力者<<<<<<<除霊者~~
S「ちっ」
ワタル「おお!さすが伊澄!」
伊澄「あなたの負けです!」
S「なんだと!」
伊澄「さっきの実験とやらでほとんど霊気は使ったはず!」
S「使った?なんのこと?」
伊澄「え?」
S「使ったんじゃなくて、移動した」
伊澄「移動・・・・?」
S「そう、移動」
あのへんてこ模様のお札を掲げる。
S「第4章、霊集集」
伊澄は気づいた。
何かが集まっている。
祭り客全員の何かが。
S「実験はすでに終了済み、回収しても問題はない」
全てお札、正確には指先に集まる。
S「さて、これで決めようか」
凝縮していく、強力な一点に、
S「これが終わったら潔く言う事を聞こう」
伊澄も構える。
伊澄は一点ではなく大量のお札で、
S「少々荒っぽくなりそうだな」
伊澄「そうでもしないと止まらないでしょう」
S「まーな」
霊放破波動黒巻、第3章、
S「霊終破動!V5!!」
パーフェクト フリーズ ザ ゴースト!!
伊澄「エターナルフォースエレキット!」
ワタル(両方厨2病の末期患者だー!!)

ちょどーん!



一本松
デッカい一本松

それにグルグル巻きの少女・・・もとい、少年が一名。

S「はーなーせー!!」
ワタル「瞬殺乙」
S「黙れ!」
伊澄「さて、何故こんなことしたんですか」
S「だからさー、実験だよ実験!」
伊澄「何の実験ですか」
S「あたいの力を試したの!」
伊澄「何故試す必要があるんですか、だいたいなんですかその力は」
S「くっ・・・・あたいは・・・」
ワタル「俺も聞かせてもらおうか」
S「うう、あたいは毎日ナギたんとべたべたしてるだけだろ」
ワタル「まあな」
S「それでナギたんもおんなじように返すけど、それでいいのか?」
ワタル「それが普通のカップルだろ」
S「普通?それ以下だ、あたいはナギたんに何もしてない」
ワタル「でも世の中そんなもんだろ」
S「でも、今日の昼間だって、結局ハヤテに助けてもらったし」
ワタル「でもお前に助ける能力ないだろ」
S「だから試したんだよ!自力で編み出した霊放破波動を!」
ワタル「れいほーははどう?」
S「ああ、だが自信もなければ成功の確率もなかったんだ」
伊澄「そこで実験を・・・・でも祭りの会場でやる必要は無いでしょう」
S「ある、あたいの技は人手か沢山の浮遊霊が必要だ」
ワタル「ふゆーれー?」
伊澄「中を無造作にさ迷っているオバケです。なるほどあの技たちは」
S「周りの霊を集めて一気に・・・・どかーん」
ワタル「みんなの動きはどうやったんだ」
S「この会場の中、数カ所に霊の固まりを配置、凝縮、そして、全てを同時に起動」
ワタル「ふむ」
S「全員の体に霊を取り付け圧迫した、最後の技はそれらを全て集めてぶつけた」
伊澄「もっとたくさんの霊が集まっていたら負けていました」
ため息をついて、反省気味に言う。
S「まだ収集能力が低いから効率が悪かった」
そのまま長々と語りだした。

最初はなんとなく霊が見えるのから始まった。
それがだんだん操れるようになり、
守護霊などとは会話が出来た、
一点に集中することも出来るようになろその量も少しづつ増えた。
そして、いつしかこの能力で目の前のたった1人の女の子ぐらい、
助けれる気がした、いや、助けたいと思った。

S「でも、調子に乗ったらこの結果、伊澄さん」
伊澄「なんでしょう」
S「この能力、消せますか?」
ワタル「なっ」
伊澄「いいでしょう、あなたがそう望むのなら」
ワタル「ちょっと待てよ!」
S「悪いなワタル、あたいはたった1人、たった1人守る力も」
ガッ、
木に結ばれたまま襟元を捕まれる。
ワタル「なんだよお前!ナギを助けたいんだろ!」
S「でも、あたいには・・・・」
ワタル「ああそうだとも!今のお前じゃムリだ!だがな、お前の助けたい気持ちは充分だ!」
S「どういう意味だよ!」
ワタル「お前のナギを助けようという気持ちはまだ終わってねぇ!むしろ始まってもいない!!」
S「はぁ!?あたいはずっと」
ワタル「だったら消すな!極めろ!あれだけ出来るんだ!絶対出来る!」
S「ムリだよ!絶対!」
ワタル「出来る!何故なら!」
S「何故なら?」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次回、パロネタ満載説教

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント



TweetsWind


プロフィール

セーナ

Author:セーナ
妄想日記書いたりオリキャラのイラスト描いたりしてる。




最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。