スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R→(b`・ω・)=b)^q^)←信者

ーあらすじー
誘拐・・・・もとい、かくれんぼです。
誘拐犯→ショタコンな大金持ち、
人質→ロリコンな男の娘、
救助隊→ロリキャラ(+ロリコンの隷)と少林少女(どS)


彩「うわーはっはっはっ!!せーやは私の物よぉ!!」
S「。°(°^▽^)°。」
~~~これがしたかった~~~

地下2→少林少女(R)
地下4→ナギお嬢様
地下8→彩、せーや(S)


「そこを左」
ナギ「わかった」
長い廊下を走る。
その周りを囲む白い霏。
信者「ぶおらああああ!!全ては彩様の為にいいいい!!!」
群がる信者!
ナギ「霊放波ぁ!!!」
ちゅどーん!あらぶるナギお嬢様!!
「あの、たくさん使うと霊力が切れます」
ナギ「ん?MPみたいな物か?」
「はい」
ナギ「そっか、それじゃあ逃げ気味に・・・・」
「あ、左です左」
ナギ「おお、すまん」
「あ、右でした」
・・・・進む気がしない。


こちらは単独行動の少林少女。
R「はぁっ!!」
どすっ、
これで48人全員撃破。
R「ふぅ~・・・・」
なんなんよ、こいつら、
信者ってキモイな~、
R「・・・・さてと」
どうやらもう敵は居ないみたいだし・・・・。
べ、別に助けに行くわけじゃないし、


S「すいませーん」
十字架に吊されたまま、
彩「お前たち!なにをやっている!!すぐに片付けなさい!!」
モニターに叫んでいる、どうやらマイク越しにいちおう通信は出来ているようだ。
S「聞いてますか?」
彩「あら?何かしら?」
S「残り時間は?」
彩「残り2時間半、ここまで来れるはずがないわ!」
S「・・・・」
・・・・ナギたん。


で、本人は、
「あれれ?右だっけ?左だっけ?」
ナギ「はっきりしろ!!」
「すいませーん;なんせせーや様に造られた存在ですから~」
ナギ「あの大バカ野郎がぁ~、あとでみていろよ~」
「その前に助けないとムリですね」
ナギ「そう思うなら道を教えろ!!」
「は、はい!!」
・・・・・全く進まない。


S「・・・・彩た~ん、助けて~」
彩「ぐへっ、いいわよ~、今助けるわ~」
信者「彩様!!!」
彩「はっ!」
S「ちっ、」
彩「ああ、甘えてもダメです!!」
S「離せー!!この野郎ぉおお!!」
彩「もっと駄目です!!!」
・・・・・駄目だこいつら、死亡フラグしかない、

・・・・・ん?


理系の信者「大変です!地下7階まで侵入しれました!」
彩「なんですって!?」
S「キターーー!!(°▽°)!!ーーーーーーー!!!!」
彩「信者どもは!?地下6階にはかなりの強者を配置したはずなのに!!」
文系の信者「全軍やられました!!」
S「おお!!ゴーストスゲー!!」
彩「ゴースト!?」
S「はっはっはっ!なーんとあたいはナギたんに守護神をつけておいたのだ!」
彩「守護神!?」
霊系の信者「スゲー!!!!」
理系の信者「7階警備隊全滅!!こっちに来ます!!」
S「ナギたん最高!!!」
彩「そんな馬鹿な!!」
文系の信者「あれ?4階にも人が」
S「ん?」
彩「え?」
理系の信者「そんなことよりこっちの方はもうすぐそこに・・・・!!」
彩「どうした!?」
理系の信者「8階階段付近の警備員のバズーカ砲が奪われました!!!」
S「バズーカ砲!?!?!?」
ちゅどーん!!
扉が吹っ飛ぶ。
というか部屋の入り口付近全部吹っ飛ぶ。
砂埃がヒドい。
彩「なっ・・・・まさか、そんな」
S「ナギたんサイコーーー・・・・ん?」
カンの鋭い方はお気付きだろう。
そこに居たのはナギではない。
実は少林少女でもない、
と、言いたいが他に登場人物が居ないので・・・・
S「なーんでーでーだーよおおおおお!!!」
少林少女、装備はバズーカ砲。
R「伏せろ!!」
彩「うわぁああ!!!」
S「ちょ、あたい十字架に縛られ」
ぱすっ、
あっさりトリガー引く。
ピュウウウウウウウ!!!
S「ぎゃあああ!!こっちきt」
どかーーん!!

ナギ「うおっ!」
大きな揺れ、下から。
ナギ「・・・・なんだ?」
現在地下5階(一応進んだ)
ナギ「・・・・急ごう」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


続くぜ!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント



TweetsWind


プロフィール

セーナ

Author:セーナ
妄想日記書いたりオリキャラのイラスト描いたりしてる。




最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。