スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某主人公(え、それって・・・

~~本来なら一番出番の多いはずの人~~

ハ「ど、どうもこんにちは。綺埼ハヤテです」
S「うわぁーーー!!!」
ナ「ななな、なんでお前がここにぃー!」
かるくパニック状態
ハ「えーと、前の『大好きだー』の話のあとから大変な事になっていると聞いて来ました」
ナ「えぇー!じゃあもしかしたて!?」
S「ぜぜぜ、全部知ってるの!?」
ハ「い、いえ。てか、『大好きだー』の話ってなんですか?」
S「いやいや何でもなーい!!」
ナ「そ、そうだ!何もない!!」
ハ「そ、そうですか・・・・」

S(あぶねーあぶねー。あんな事があったとか絶対言えん)
ナ(そうだな)
ハ「二人で何を話しているんですか?」
S「あー、いや、何でもない」
ハ「?」
ナ「相変わらず鈍感」
S「ち、ちなみに今日は一人?」
ハ「いえ、マリアさんも来てますよ」
S・ナ「えぇーーー!!」

マ「ナギ、ずっとこんなところにいて。心配したんですよ」
ナ「あ、あー、すまん」
さささささ
S(どーする?)
ナ(ど、どうしよう)
S(ナギたんずっとこっちにいたしなー)
ナ(あ、あー)
S(もしナギたん帰ることになったら?)
ナ(そ、そんなのイヤだ!)
S(だよねー・・・・)
ハ「ちなみにマリアさんは『大好きだー』の話について何かしってます?」
マ「えーえ、ぜーんぶ知ってますよぉ~」
S・ナ(えぇーーーーー!!マリア(さん)の笑顔の中に黒いものを感じるーー!!)

ハ「あ、じゃあ僕にも教えて」
S「待てぇーーーい!!!」
ナ「そうだマリア、早まるなぁ!」
マ「あーら。そんなに嫌なんですかぁ~」
ナ「あ、当たり前だ!」
マ「未成年のくせにあんなことしておいてぇ~」
S「マリアさんが凄く黒いーー!!」
ナ「南無」
ちーん
S「ナギたーん!?」
マ「さーてどうお仕置きしようかな」
S「ぎゃぁーーー!!」
マ「・・・・と、言いたいところですが」
ナ・S「え?」
ハ「実は僕も全部知ってるんですよ」
S「はぁ!?」
ナ「って、ことは」
マ「ごめんなさいナギ、ずっと騙してたの」
ハ「本当は来て最初に言う予定だったけど僕たち面白くなっちゃて」
マ「というわけでナギ、好きならしょうがありません、好きにしてください」
ハ「あ、今のシャレですかw」
マ「違います」
S「それはよーするにナギたんはずっとここにいると」
マ「そういう事」
ナ「seiyaと一緒?」
ハ「はい!」

わぁー!!
S「やったー!」
ナ「ずっと一緒だぞ♪」
S「うん♪」

ワ-キャ-☆

ヘリ
ハ「ではたまに様子見にきますから」
ナ「うん!」
マ「それじゃナギ、また今度ね」
ナ「あー、マリアも体にきをつけてな」
マ「ナギもね」
ナ「あー!じゃあなー」

ハヤテ達はヘリで帰りました

ハ「マリアさん」
マ「あの子が望んだことです。
見たでしょう。あの嬉しそうな顔」
ハ「えー」
マ「あの子はあそこが一番いいんです」



ナ「今度はこっちで遊ぶぞー♪」
S「うん!ナギたん☆」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これが俺の考える最高のEND
ホントは最後に笑顔のナギたんの画像を入れたかった

もちろん俺の妄想はまだまだ終わらない
次回いつものようにゆるーい話





ナ「ところで何で全部知ってたんだろう」
S「三千院の力があればそれくらい簡単だろ」
ナ「帝のジジィか・・・・」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント



TweetsWind


プロフィール

セーナ

Author:セーナ
妄想日記書いたりオリキャラのイラスト描いたりしてる。




最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。