スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てーでん

S「今突然電気が消えたらどうする?」
ナギ「は?」

~~停電~~
先に言っておくが実際の出来事とは一切関係ありません

S「ブレーカーが落ちたとかさ」
ナギ「うん」
S「突然電気が消えたらどうする?」
ナギ「別に」
S「怖い思う?」
ナギ「ぜーんぜん」
S「本当に?」
ナギ「・・・・・本当に」
S「嘘つき」
ナギ「な!・・・・ちょっと怖い」
S「本当にちょっとだけ?」
ナギ「うっ」
S「ねーねー」
ナギ「・・・・はいはい怖いですよ私は暗いところが苦手ですよーだ」
S「いやいやそこまで言ってないし」

・・・・・・で、ここは妄想世界
彼らがこんな会話をすれば・・・・・・

ブチっ
S「うお!本当に消えた!」
ナギ「うひゃーーー!!!」
S「大丈夫?」
ナギ「だだだ、大丈夫じゃなーい!」

ヒシッ

ナギ「うぅぅ・・・・」
S「あーあ。完全に怯えてる」

カラカラカラ
窓から外は眺めても真っ暗

S「あー。町のほとんどが停電か」
ナギ「えぇー・・・・」
S「街灯は・・・・ダメか」
ナギ「・・・・・・」

ガチャガチャ

S「懐中電灯が無い」
ナギ「えぇー!」
S「というか・・・」
カチ、カチ、
ナギ「電池切れか・・・・」
S「あ、ろうそくとライター」
ナギ「それだー!」
ボッ
S「おー、結構明るい」
ナギ「まだくらい」
S「無いよりまし」
ナギ「うぅ・・・・」
S「・・・・3つ点けるか」
ボッボッ
S「かなり明るいな」
ナギ「まだ暗い、怖い」
S「・・・・怖いのはいいけどさ」
ぎゅうぅ・・・・・
S「・・・・いつまで腕掴んでるの?」
ナギ「ずっと」
S「・・・・離れてくれる?」
ナギ「ヤダ」

S「いつまでこのまま?」
ナギ「停電終わるまで」
S「・・・・」
ナギ「いつ終わるの?」
S「さー?」
ナギ「自家発電とかなにの?」
S「無い」
ナギ「えぇー・・・・」
S「・・・・あれ使うか・・・・」

ギュィィィーーーン
彼は自転車をこいでいた
発電機付きの
S「えっほ、えっほ」
ナギ「イケイケー!」
豆電球が一つ点いた
S「8つ全部点いたらそこのカミナリマークのボタン押して!」
ナギ「OKぇ!」
S「ひー」

4、5、6、7、、、

8つ!
ナギ「ポッチと!」
パ!
蛍光灯が1つついた
しかもこの部屋のみ
ナギ「キターーー!!」
7つ
ナギ「あーー!!!」
S「0になったら消えるーー!!」
ナギ「もっとこげコノヤロウ!」
7、6、8、5、7、8、3、8、8、4、8
ナギ「しっかりしろーー!!!」
S「むちゃくちゃ言うなーー!!!!」
パッ
ナギ「あ、全部付いた」
S「え・・・・」
カラカラカラ

S「うわ、みんな付いたみたい」
ナギ「停電直ったの?」
S「そーみたい」
ナギ「あーよかった」
S「あ、ナギたん見て見て!」
ナギ「なにが?」
S「空!」
ナギ「うわ!」

満天の星空

ナギ「うわぁ!」
S「スゲーキレイ」
ナギ「東京の方だとさっぱりだけどこっちは方だとキレイだな!」
S「うん」
ナギ「あ、流れ星!」

こいつと一緒に居られますように
こいつと一緒に居られますように
こいつと一緒に居られますように

ナギたんと一緒に居られますように
ナギたんと一緒に居られますように
ナギたんと一緒に居られますように

ナギ・S「え!?」

S「・・・・・」
ナギ「・・・・・ぷ、」
S「アハハハハハハハハ、何同じ事言ってんのさぁ!」
ナギ「お前こそ、ギャアハハハハハハハハ!!」

(笑笑笑)

その後ものんびりと冬の星空を見ていたそうです

S「寒くね」
ナギ「うん」
S「いろいろあったかいもの持ってくるわ」
ナギ「おー」

タタタタタ


~~ずっと一緒で居られますように~~


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
これを全部部活中書きました

最後は最終回風

ナギ「いっそ終わらせれば?」
S「断る」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント



TweetsWind


プロフィール

セーナ

Author:セーナ
妄想日記書いたりオリキャラのイラスト描いたりしてる。




最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。