スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふぁみふぁみふぁみーま、ふぁみふぁみまー

ファミマに行くといまだに入店音でテンションが上がる。

俺思うんだが画像じゃなくて文字なら18禁でも消えなくね?、、と思った
こんどいつかやろう

S「てってってー・・・てってっててー・・・・♪」
ガチャ
S「ナーギーた・・・・うわ!!」
~~見えた!~~
ナギ「んあ?どうした?」
ナギはせーやの自室のソファーで足をぶらぶらさせて横になってゲームをしていた。
ナギが足を動かす度に13才の女の子とは思えない状態、
はっきり言うとスカートの中が見えそうになる。
S「えーと・・・・ナギたん?」
ナギ「ん~、なんだ~?」
S「・・・・見えてますよ」
ナギ「なにが~?」
S「下」
ナギ「ん~?」
ゲームから目を離そうとしない
S「ていうか、ゲー○キューブなんてどっから持ってきたんだ・・・・」
ナギ「そこのタンスの中にあった。後、このテレビなんか調子わるいぞ」
S「はいはい、それになんで○ービィのエアラ○ド・・・・」
ナギ「なんか入ってた。お前もやるか?」
S「うん!・・・・じゃない、ナギたんほら」
ナギ「だからさっきからなんなの?」
S「スカート」
ナギ「んあ?」
ナギはやっとキュー○をポーズ画面にしこちらを向いた
ナギ「・・・・」
S「・・・・・」
ナギ「のわぁーー!!なにを見ているのだお前は!!」
S「あー!!今動いたらはっきり見えたー!!!」
ナギ「うるさい黙れー!!!」

ナギ「まったくもう」
S「いやいや言ったでしょ」
ナギ「ふーんだ」
S「ねーこっち向いてよー」
ナギ「うるさいなー・・・・よし、このエア○イドで私に勝ったら許してあげよう」
S「それじゃあ負けたら遊んでもらおうキリ」
ナギ「いい、、、分けねーだろ、どっちも一緒じゃん!」
S「んじゃ、負けたら1時間ナギたんと全く喋らないってどう?」
ナギ「いいだろう」
ナギ(ふふ、ゲームで私に勝てるかな)

カ○ビィのエ○ライド
1998年ぐらいに発売
基本的にはマリ○カートみたいで
アイテムの変わりにコピー能力を使い分け
空飛ぶマシーンでレースをする結構面白いゲームである

ゲームモード・エ○ライド
コース・なんか宇宙のステージ
マシーン・ハンデの無いように両方○イトスター
ナギ「裏コースじゃないか!」
S「いいじゃん」
ナギ「なのにマシーンはザコ・・・・」
何はともあれレーススタート
ナギ「!?」
馬鹿な、あいつのマシーンが120Kmで暴走している!!
ナギ「まさか!?」
チート使いました(^▽^)/
おい(^▽^)\

圧勝

ナギ「このゲームチートあったっけ?」
S「妄想に突っ込まないでください」
ナギ「あ、はい」
S「そんじゃ俺が勝ったから遊ぼ☆」
ナギ「え、約束は許すだけだぞ」
S「細かい事は気にしなーい☆」
ナギ「う、うわぁー」

それー
きゃー
かわゆすかわゆす


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ちなみにカービィのエアライドは実在します。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント



TweetsWind


プロフィール

セーナ

Author:セーナ
妄想日記書いたりオリキャラのイラスト描いたりしてる。




最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。