スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・・・・あ、ヒナさんの誕生日だ。でもタイトルと本文は関係無い

今日ヒナさんの誕生日でしたね
俺何もしないけどw


あらすじ

前回の読め

~~続き~~
ナギ「そういえばさ」
S「ん?」
2人は手を繋いで歩いていた
今日も朝からいい天気、天気予報では午後も晴れるらしい
天気予報は嘘をつかない、だから多分晴れる
ナギ「お前の家からあの学校ってどれくらいの距離なの?」
S「知らないんですか!」
ナギ「だって1回も行ってないし」
呆れた顔で小さく「全く」っとつぶやいたがナギには聞こえなかったようだ
S「1Kmぐらい」
ナギ「えぇー!」
S「えぇって、いろいろ言ってるうちにもう半分くらい進んだよ」
ナギ「あ、そうなの?」
S「うん」
ナギ「ふーん、結構近いなぁ~・・・」

その後、5分程歩くとそれっぽい建物が見えてきた
ナギ「ここ?」
S「うん」
ナギ「あんまり人が居ない気がするんだが?」
S「こんなもんだよ、白皇が多いだけ」
ナギ「ふーん」
S「それじゃあ入るか」
玄関をくぐり抜け中に入ると1人の少年がいた
S「おー学級長」
学級長「あ、おはよー、・・・誰それ」
S「前に転校してきたでしょう・・・・」
学級長「ああ、そういえば」
ナギ「こ、こんにちは」
学級長「こんにちは、んじゃ先に行くわ」
これはそれだけ言いと走り去っていった
ナギ「・・・・」
S「どうしたの?」
ナギ「別に」
で、教室に行くとメガネをかけたアホっぽい少女がいた
「あ、おはよ~・・・て、誰?」
ナギ「またか」
S「全く来てないんだし、当然でしょ」
友人「ああ、この子がナギ」
ナギ「なんで知ってるの!?」
S「俺がよくナギたんの話するから」
ナギ「へ、へぇ」
ナギは教室を見渡した
ぱっと見て20人程いた、
5、6、個開いた机があるのでまだくるのだろう
ナギ「ちょっといいか」
友人「ん?」
ナギ「お前らどういう関係だ、私というものがありながらあーんな事やこーんな事・・・・」
友人・S「するかー!」
ナギ「ならいい」
友人「・・・・聞いた通りだ」
ナギ「え?」
友人「よくこいつがナギはやきもちで勘違いが激しくて俺にラブラブって言ってた」
ナギ「へぇ~」
S「汗」
「ま、いいか」とナギは小さく言った
S「あーと、ナギたんの席はここね、俺はここ」
ナギ「あれ?前と違う?」
そう、前はナギの前にロリコンだったが
今は隣どうしになっている
それと結構後ろの席
S「途中で席替えがあったの」
ナギ「ふーん」
ナギは自分の席に座った
とりあえず昨日入れてもらった鞄の中身は机に入れた、すると、
ロリコンがその鞄をロッカーに片付けてくるた
ナギ「あ、ありがとう」
S「いいよ別に」
その直後、突然入り口の扉が開いて1人の少年が入ってきた
「おはよー!」
S「相変わらず元気やな」
「そういうお前もナギナギうるせーよ」
少年はナギよりまだ一回り小さいぐらいの身長で少し幼い顔をしていた
少年「あれ、そいつは?」
S「ナギ本人だ!」
少年「ええ!」
ナギ「そんなに驚くな、一応このクラスの生徒だ」
少年「お、おお」
少年はかなり驚いていた、
少年はロリコンの1つ後ろの席に座ると「へぇ~」とか言いながらナギを眺め始めた
ちょうどそのときチャイムが鳴った
そのとき後ろからドスの効いた声で
「おはようございます」
文字通り3人飛び上がった
S「うお!先生!」
そこには男の教師が立っていた
S「いきなり出て来ないでください!」
先生「いきなり出て来て悪いですか?」
S「いえ、いいです」
先生「よし」
S「あー、やっぱりやめてください」
先生「なんでよ」
S「この子が怯えます」
ロリコンの後ろでナギが涙目で震えていた
ナギ「お、おいせーや、この蒸さ苦しい男は誰だ、粗大ゴミなら捨ててきてくれぇ~」
先生「誰が粗大ゴミじゃあ!」
ナギ「ひぃぃ」
ナギはロリコンの腕にしがみついた
S「先生、あんまり怖がらないでください、ナギたん、この人はこのクラスの担任の先生だよ、さすがに知ってるでしょ」
ナギ「そ、そういえば」
先生「やっと学校来たか」
S「連れて来ました」
ナギは全くロリコンから離れようとしない先生「そう怖がるな」
先生はその場を離れ黒板の前にたった
そして一言こういった
先生「いまからナギさんをもう一度紹介する」
ナギ(してもらいたく無い)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そうだ、次回から学校編にしよう

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント



TweetsWind


プロフィール

セーナ

Author:セーナ
妄想日記書いたりオリキャラのイラスト描いたりしてる。




最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。