スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少林寺拳法県大会  

さあ、明日は少林寺拳法の県大会です
というわけで今日はもう寝る
スポンサーサイト

不正  



だれが不正データだ!


・・・・うん、不正だね。
SMSだね・・・・。

・・・・。

まあ、予想してたけど、
いったい何が基準で不正か純正の区別してるんだ。
その基準が分かればギリギリのモンスター作るんだが。
不正で捕まえた純正モンスターはOKみたい、
だったら巨大モンスターを捕まえよ(

眠い

眠い、

・・・・ナギたん可愛いよナギたん、

・・・・・眠い。

とにかく眠い
うう、今日は一回だけナギたんとヤって寝る。
ああ、ちょっとナギたん激し過ぎ、
ううん、もう眠いから、え?
いやいや、別にナギたんに飽きたわけじゃないから、うん。
ちょ、泣きながら舐めないで、
ああ!もう、わかったよ!ヤリますよ、
うう、終わったらすぐ寝よう。
・・・・あ、せっかくだから騎乗馬で、

え?ナギ?あー、ナギたんね、うちの嫁のナギ・・・え、違う?あ、何って聞いたのね・・・・・。

ナギ「旅行編って具体的にいつから始めるの?」
S「お盆前くらいから」
ナギ「ふーん」


それまではいつものどうぞ、


~~ところで、このブログに定期的に訪れるお前何者?~~
ナギ「不審者」
S「変わった人」
ナギ「人の妄想でウハウハするような人」
S「変態というなの紳士」
ナギ「同士」
S「ネタ探し」
ナギ「同人作家」
S「もういいよ!いつまでサブタイトル引っ張るの!」

今日の朝の話

朝・7:30頃
PPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPP!!!!
S「・・・・・黙れ」
とりあえず目覚まし時計を止める。
夏休みにも関わらず今日も部活だ。
ま、ナギたんは行かないだろうけど、
S「うう、起きるか」
毎晩毎晩ナギたんと遊んでいると疲れる、
まあ、楽しいし、なによりナギたんが喜んでくれるからいいけど、
S「さて、・・・・・・動け無い」
毎朝だが、ナギたんは寝相が悪い。
たいていあたいの上に乗っかってる。
ワザとなのか?いや、単に寝相が悪いだけ、
とにかく夜中に蹴ったりするのは止めて欲しい、
ヒドいときはかかと落としが飛んでくる。
うう、ナギたんとこのままずっと寝ていたい、眠い、
部活とか面倒、ナギたん来ないし、
・・・・そうだたまにナギたん呼ぼう、毎回寂しそうだし
今日はすこし涼しそうだし、
S「おーいナギた-ん、起きて~」
ナギ「ん~・・・・すぅ」
S「寝ないで起きてよ~」
ナギ「・・・・いま何時だ~?」
S「8時前」
ナギ「夜の?」
S「朝の」
ナギ「んん~、なんでそんな時間に起こすんだよ~」
S「ちょ、ナギたん重い」
ナギ「は?」
あ、朝から腹に座るのはやめてください痛いです。
ナギ「ん~・・・・、おやすみ」
ぐい~っと下がってきてまたn・・・
S「そこで寝ないでください、動けません」
ナギ「ん~・・・・、ずりずり」
S「うん、寝ぼけてるのか知らないけど何で股間の方に行ってるの」
ナギ「はへ?・・・・う~ん」
S「寝ないで」
ナギ「・・・・あ~もう、うっさいな~」
S「だからそこに座るな!重い!」
ナギ「じゃ~あ~・・・・このへんかな~?」
S「騎乗馬するな!」
ナギ「ゆ~さゆ~さ」
S「うん、真剣にやめて」
ナギ「う~、じゃ真剣に寝る」
やっとナギたんが降りてくれた、
・・・・・なんか残念
S「あ、寝ちゃだめだよ」
ナギ「ん~?なんで~?」
S「たまにはナギたんも部活に行ってもらうよ~」
ナギ「・・・・寝ていいですか?」

8:20
部活に行く途中
S「ナギたんは制服姿も可愛いね♪」
ナギ「そ、そうかな~///」
S「うん♪」
ナギ「えへへ」
うん、こうやって適当に褒めないと次から行かなくなる。

しかしナギたんが居るから徒歩なわけだが徒歩だと結構時間がかかる。

とかいいつつ到着。
あたいらは美術部で開始が遅いが
たいていの部活はすでに始まっているわけで、
ランニング中の生徒に結構出会うわけで、
朝からナギたんとあたいは手を繋いでいるわけで、
すると当然・・・・・
「うわっ、お前彼女おったんかよ!そんな可愛い子とお前似合わねーwww」
・・・・黙れ、
ナギ「貴様にそう言われる筋合いは無い!」
・・・・うん、ケンカ売らないで、

で、女子たちに会うと、
「なに?お前の彼女?」
「なにこの子、可愛い~」
「い~な~、こういう子が彼女だと毎日楽しいでしょ?」
「ねーねー、名前は~?」
ナギ「ふえ!?えーと、その、わたしは」
「うわ~、スゴい可愛い声だね~」
ナギ「え~と、その、せ~やぁ~」
うん、泣き目&泣き声で言わないで、萌え死ぬ。

「うわ!なにその可愛い子!なあなあ!俺にちょうだい!!」
ナギ「誰がお前みたいなキモイやつのところなんか行くか」
・・・・ナンパしないでください。


なんで美術室が三階なんだろう、遠いんですけど、
とにかく美術室に到着
なんだかんだであんまり紹介していないのでみんなにはちょこっと紹介しよっと、
S「あたいの彼女のナギちゃんです」
ナギ「あ、改めてよろしくお願いします・・・・」
部長「うわっマジで居たんだ」
うん、ウソだと思ってたのね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ちょっくら抜いてくる。


続きます。



TweetsWind


プロフィール

セーナ

Author:セーナ
妄想日記書いたりオリキャラのイラスト描いたりしてる。




最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。